田園風景の家(計画案) 01


 

 この計画案は長閑な田園地帯の住宅・倉庫、2棟のリノベーションである。依頼者は40代の御夫妻で、築30年以上経た建物である。今回の計画にあたっては2棟をガラス棟において接続する事を考えた。白箱は住宅とし、屋根上にアクセス出来、物見台としてのデッキを備える。遠く筑波山、鬼怒川を望める。また周辺は菜園の緑で埋め尽くされるであろう。黒箱は車庫、施主のhobbyspaceとして使われる。設計上支障となる堪輿は、企画の障害と感じる。地方の特質かもしれないが施主が風水を気にする。風と水の流れを良好に敷地に取り入れ遮る氣を取り払う建物の全体像を計画する。またガラス棟より光を取り入れ、この家の運気を昂揚する事を提案した。2棟の建物が新しい用途として蘇る。

 

所在地:茨城県常総市
工事面積: 住宅・倉庫、2棟のリノベーション
予算:   1.500万円  設計報酬別途
構造:   木造
規模:   地上1階 
主要用途: 住宅・車庫
工期:    2016/〜

■工事の進行過程 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10