結城の家
 

住まいとアトリエを兼ね備えた建物

 
 
 
 
[ 外観]
 
[ 玄関]
 
 
  [玄関ホール]  
     
 
 [リビング、ダイニング]  
     
 
   
     
 
 [草庵茶室 4.5帖]  
     
 
   
     



第4回茨城ふるさと住まいの振興賞受賞


紹介TV、雑誌 TV朝日・渡辺篤史の建物探訪97/6放映  ニューハウス97/09


施主の紹介 家造りの体験記と住まいの想い。 ここからどうぞ
日本人は、古くから自然を友とし、まわりの環境と一体となり共生している。ところが最近は、自然を感じる
どころか忙しい毎日に明け暮れ自分を見忘れてしまうことも暫しあるのではないか。住宅も然り工業製品をふ
んだんに使い早く手をかけないで完成してしまう家が多いように感じる。
無垢の木を生かし何か、童心に帰れるような家。懐かしさを感じ、職人の腕前が見えるような家、そういった
家は今では忘れ去られつつあると思う。この建物は、自然素材を生かし建築コストもなるべく押さえることも
考えた。装飾はなるべく避け木、土、紙を基本に空間造りを考えている。
随所に在来工法の化粧梁、左官仕上げの珪藻土とのコントラストを見せる。これから長い年月をかけて素材の
良さ、味が発見出来る家になると思う。

DATA
◇建築場所茨城県結城市◇敷地面積343.04(103.57坪)
◇完成年1996年◇建築面積157.21 (47.46坪)
◇構造在来工法木造2階建て◇延床面積222.49(67.17坪)
◇規模地上2階建◇工事費47,170,000
◇屋根素焼き土瓦軒先一文字葺き 一部 銅一文字葺き◇坪単価700.000円
◇外壁左官(珪藻土)一部杉板張り◇設計費工事費×10 確認申請手続き別途

 

© 1991-2016 inayoshi architect plan

   | 閉じる |