SAT-2(結城のアトリエ)

所在地: 茨城県結城市
敷地面積 / 789.26 
    建築面積 /  63.33   
  延床面積 /  90.22 (24.24坪)  
外部仕上げ
  屋根  ガルバリウム鋼板竪はぜ葺き
  壁   杉板無垢材張り防腐材塗 厚さ15? 
  建具  アルミサッシュ、木製建具
内部仕上げ
  天井  杉板無垢材張り 厚さ15mm
  壁   杉板無垢材張り 厚さ15mm
  床   桧板無垢材張り 厚さ30mm

この家は、茨城県結城市の、のどかな環境のなかにあり増築した住宅である。母屋から渡り廊下でつなぎ独立した生活が確立できる。
今は、アトリエ、ギャラリーとして使い将来は住居としても改造できるよう考えた、現代の最小限民家住宅である。核家族であればこの空間、
スペースがあれば充分に生活できる。ライフサイクルによって増築も可能でまだ未完成の住宅である。
建築するにあたり予算的にかなりきつく通常の考えを持ってはとても対応できない。その中ですべて無垢材を使用し
空間的にもこだわった建物になった。


© 1991-2016 inayoshi architect plan
| 閉じる |