詳細の説明

1)初回面談 相談・依頼

   
  施主が家づくりを進めるにあたっての様々な疑問、不安や悩みなどを当事務所に相談される段階です。ご相談の方法は、メールや電話、またはご連絡を戴いてからの御来所など様々な方法が可能です。メールは、ある程度プライバシーを守りながら相談できるので、上手に活用すれば有効なコミュニケーションツールだと思います。予算やスケジュールが決まっていればそれを教えて頂き、敷地に関する情報(見取り図、測量図)なども持参してください。
 

またどんなコミュニケーションの方法であれ、出来るだけ正確で多くの情報(住所・環境・資金など)を教えていただけると、それだけきちんとお答えできます。ただ住宅の場合、個人情報が多いので、プライバシーは必ず厳守致します。家づくりは先が長く、信頼関係が大切です。

土地の選定は言うまでも無く大変重要です。選定方法等分からない事や既に何カ所か選定されており迷われている場合等、周辺環境や立地についてのアドバイスをいたします。


2)プレゼンテーション 敷地・平面計画の提案

新しい家のイメージ

敷地視察、行政との事前打ち合わせ、また要望をお聞きしプレゼンテーションとして簡易な敷地、平面計画の提案を行います。この時点で住まいの全体像が大体イメージできるようになります。

 


3)設計監理契約  

 

プレゼンテーションの段階を経て、当事務所のこれまでの作品や、考え方に賛同していただき、設計の依頼をいただくことは光栄です。そこで当事務所の案を受け入れていただいた場合は、正式な設計監理契約を御願いしています。


4)基本設計・実施設計  

基本設計


設計監理契約後は、実際の設計監理の作業に入ります。設計から工事完成までは、基本計画→実施設計→施工業者選定・業者との工事契約→工事監理→完成というステップを踏んで進んでいきます。
敷地の地盤調査を実施します。当事務所ではスウェーデン式サウンディング試験を行い、杭工事や基礎工事の方向を決定します。
敷地計画、平面、立面計画について打合わせを繰り返し方針が決まったところで、実施に向けての設計図を作成します。構造計画、使用素材、開口、造付家具や寸法、設備なども打ち合わせをしながら決めていきます。

疑問点は何でも質問いただき、十分に話し合います。後々の大きな変更は全体のバランスが崩れるだけでなく、予算にも影響することを認識してください。

実施設計


基本設計に手直しを加えた、設計図が作成されます。これは工事の進め方を施工者に十分理解してもらうためにまとめるもので、平面図、断面図、立面図のほかに、構造図や展開図、建具図、設備図などがあります。設計者からの詳細な説明と打ち合わせを経て、確認申請を提出することになります。
 
確認申請


建築の許可申請の必要書類を提出。(敷地場所により異なり、地区計画、道路占有許可他)建築確認申請は主に確認検査機関に申請します。2007/6より確認申請審査の厳格化に伴い申請の確認までの時間が掛かるようになりました。約3週間以上は期間が必要です。

 
見積調整・施工者を選定


図面が出来上がると施工業者に見積を依頼します。施主側で工務店などの心当たりが無いときは、信頼できる施工業者をご紹介することは可能です。見積り依頼し約2,3週間で見積りが上がった段階で金額の調整を行います。その見積が適正であるかチェックし、また予算的にオーバーしているときは、別の工務店に見積を依頼したり、一部仕様の変更をするなどして、予算に合うよう調整を行うのも設計事務所の業務です。

 
調整した見積もりで納得いただけましたら工事契約となります。

5)工事着工

工事監理

確認申靖の許可が出たら、着工です。地鎮祭を行うことが慣例となっていますが、最近では省略するケースもあります。また長期間にわたる工事になるため、近隣への挨拶は必ず行います。
着工後、基礎工事が始まりますが、並行して材料検査(構造材の寸法、材質)をおこないます。工事期間中は設計者が定期的に設計監理を行い、施工業者の施工管理者が施工管理を行います。不備を無くすため2重のチェックを行います。

工事監理として、要所で図面と同じく現場が進行されているか、指定された材料が使われているかチェックします。
定期的に施主を交えた工程打ち合わせを、工事の問題点、軽微な変更を解決しながら行います。重要なポイントでは施主に立ち会っていただきます。


6)竣工

  工事終了時には施主、設計者、施工管理者の3者で最後のチェックを行い、不備な点を直します。施主の都合で工事変更をした場合には、料金は別途請求されるので注意します。工事が完了した時点で引っ越し。新しい住まいでの生活がスタートします。
  引越し後、不期的に点検を行ないます。新しい家の構造や機能をチェックするためのものです。